彦根工場

彦根工場のISO14001情報をご紹介しています。

彦根工場について

彦根工場は、「環境にやさしい企業」として日々環境に配慮した取組を行っており、工場周辺をきれいにするための環境美化ボランティア活動を実施しています。
また、適切な排水・廃棄物処理によって地域の環境保全のため生産体制を維持運営してまいりました。
こうした活動を環境マネジメントシステムとして確立するため、平成16年度からISO14001規格に則った取組を開始し、平成18年9月に審査登録、平成24年8月に更新審査を受け、登録更新することができました。
今後もPDCAサイクルを回しながらこのシステムを継続的に改善し、環境にやさしいものづくりを目指し、地域と地球環境に配慮した活動を全職員で引き続き実施していきます。

登録情報

登録月日 2006年9月19日
更新月日 2015年9月19日
登録番号 E09-191
審査登録機関 株式会社 国際規格認証機構
適用規格 ISO14001:2004
適用範囲 日本銀行券の製造

環境方針

基本理念

独立行政法人国立印刷局彦根工場は、環境優先の理念を掲げる滋賀県の湖国固有の豊かな自然環境に恵まれた彦根市で、日本銀行券の製造を行うにあたり、水資源の利用、排水処理及び廃棄物処理において、地域の自然環境を保全するとともに、太陽光発電等、エネルギーの有効活用を図ることにより、地球環境の保全に貢献します。
そのため、環境管理の重要性を強く認識した環境マネジメントシステムの継続的改善により、環境パフォーマンスの向上を図り、持続可能な社会に寄与します。
環境マネジメントシステムを運用する中で、環境に関する法規制と当工場の約束事項を順守するとともに環境汚染の予防を図ります。

環境行動指針

環境マネジメントシステムにおける行動指針は、次のとおりです。

  • 銀行券を安定かつ確実に製造し納入することにより、省エネ・省資源及び廃棄物の削減に努める。
  • 効率的・効果的な業務運営を推進することにより、省エネ・省資源に努める。
  • 内部統制を充実させることにより、自浄作用を高める。
  • 教育を推進することにより、明日を担う人材育成に努める。
  • 安全で健康な職場づくりにより、業務効率を高く保つ。
  • 積極的なコミュニケーションにより、地域との共生に努める。

平成29年9月14日
独立行政法人国立印刷局 彦根工場
工場長 石原 栄

関連コンテンツ

お札について

お札(日本銀行券)を安心して使っていただくため、お札に関する必要な情報を提供しています。

官報のご案内

官報は、法令やその規定に基づく各種公告等を掲載し、重要な役割を果たしています。