T.T (平成22年度入局)

職員が日々、どのような思いで職務に取り組んでいるかをご紹介します。

静岡工場

印刷部印刷課

高等専門学校
制御情報工学科 卒業

 日本銀行券製造部門である印刷部印刷課に所属し7年目となる私は、採用後5年間で、日本銀行券の千円券裏、一万円券の表と裏の印刷に従事してきました。

入局するまでは、日本銀行券の製造はコンピュータ制御やボタン操作で機械を動かして行っているものだと思っていましたが、想像よりも力仕事が多く、汗をかきながら作業を行うこともありました。

現在は印刷部門の品質管理を担当しています。これまで培ってきた経験をいかして業務に取り組む一方、常に新しい情報が飛び込んでくる職場でもあり、品質管理担当は知識と対応力が求められる仕事であると感じています。

 職場の雰囲気は、明るく楽しく元気があり、一人一人の心の距離が近いと感じています。先輩方がフレンドリーで、休日でも顔を合わせるとつい話し込んだり、中には一緒に遊んだり旅行に行ったりする人もいます。

私は、確かな製造技術と職員の信頼関係をもって「ものづくり」と向き合うことをテーマに掲げ、日々の仕事に取り組んでいます。努力と向上心を持って仕事に取り組めば、必ず結果が出ます。また、それを評価してくれる環境も国立印刷局にはあります。唯一無二のものづくりとして日本経済の安定に貢献し、世界に誇れる製品を生む達成感を共に分かち合いましょう。