識別性向上に向けた取組

財務省、日本銀行及び国立印刷局は、目の不自由な方々にとってお札がより使いやすいものとなるよう、取り組んでいます。

将来のお札の改刷(様式の変更、時期未定)が、目の不自由な方々にとって、券種識別性の大幅な向上につながるよう、関係者からの意見聴取、海外の取組状況の調査等、様々な観点から検討を行っていきます。

識別マーク(凹版印刷)

2004年11月に発行されたE券には、「識別マーク」といって、目の不自由な方がお札を指で触って識別できるように、凹版印刷により、ざらつきを持たせたマークがついています。

  • かぎ型(E一万円券)
  • 8角形(E五千円券)
  • 横棒(E千円券)
  • 点字の「に」(D二千円券)

ホログラム透明層の形の違い

高額券に貼ってあるホログラムを覆う透明層は、一万円券は楕円形、五千円札は四角形で、それぞれ形が異なります。
ツルツルした触感があるため、目の不自由な方がお札を触ったときに券種を区別する助けになっています。

ホログラム透明層の形の違い

お札識別アプリ「言う吉くん」

お札識別アプリ「言う吉くん」

国立印刷局は、目の不自由な方用に日本銀行券の券種識別手段を提供する取組として、お札識別アプリ「言う吉くん」(アイフォーン用)の無料配信を2013年12月3日から開始しました。

お札識別アプリ「言う吉くん」ページへ

関連コンテンツ

証券・その他の製品

旅券(パスポート)、印紙、郵便切手など、公共性の高い製品にも国立印刷局の技術が生かされています。

イベント情報

見学・イベントの日程や内容についてご案内いたします。