切手の部屋 切手のおはなし

切手のはじまり

切手のはじまり(世界編)

切手のはじまりは1840年のイギリスです。ローランド・ヒルという人が考えました。手紙をより早く、より安く届けるために、お金を先にはらった証拠(しょうこ)として切手をはって、ポストに入れれば、相手に届くという郵便制度が生まれました。

Sir ROWLAND HILL 1795-1879

世界で最初の切手は、ビクトリア女王が描かれた「ペニー・ブラック」という切手でした。

切手のはじまり(日本編)

日本では、明治4(1871)年に、前島密(まえじまひそか)という人が、アメリカを参考にした郵便制度をはじめました。「郵便」や「切手」、「はがき」という言葉も、彼が作り、「日本郵便制度の父」と呼ばれています。

最初の切手はどんなデザインだったのですか?

日本で最初の切手は、2匹の竜(りゅう)が描かれた「竜文切手(りゅうもんきって)」です。48文、100文、200文、500文の4種類が発行されました。

竜文切手

おおとり丸の一言 現在の日本の切手には、普通の郵便に使う「普通切手」、記念行事にあわせて発行する「特しゅ切手」、各地の景色や名産品を題材にした「ふるさと切手」などの種類があります。

国立印刷局の部屋に戻る

部屋に入って国立印刷局について、どんどん学ぼう!