お札の歴史の部屋 お札の歴史

大正時代&昭和時代

大正時代

小額政府紙幣(しょうがくせいふしへい)
第一次世界大戦で、硬貨(こうか=コイン)を作るための金属が不足したため、10銭・20銭・50銭といった金額の小さい

昭和初期

片面だけのお札(裏白券)
金融恐慌(きんゆうきょうこう)で、お札が足りなくなるおそれが出たため、「乙(おつ)二百円券」を作りました。たった3日間という短い間で大急ぎで作ったため、裏面は白いままの「裏白券」(うらじろけん)となりました。

昭和10〜20年代

戦争中のお札
第二次世界大戦がはげしくなると、材料が不足したため、お札も節約モードで作られました。
戦争中に物が不足して大変だったのは知っていましたが、お札にまで影響していたのですね。
材料だけでなく、大きさを小さくしたり、印刷をかんたんなものに変更しました。

昭和21年(1946)

終戦直後に発行されたA券
戦後のお札は、発行の順を表すのに「A、B、C・・・」をつけて呼ぶようになりました。小額券の五銭札(A五銭券)は、肖像の代わりに梅の花が描かれた、日本で一番小さいお札です。サイズはたて48mm、よこ94mmです。

昭和25年(1950)

戦後復興(ふっこう)のシンボルB券
B券シリーズから、マネされにくい本格的な凹版印刷になりました。この時代の50円、100円、500円は、今のような硬貨(こうか=コイン)ではなく、お札だったのですよ。

昭和38年(1963)

高度経済(こうどけいざい)成長時代のお札C券
五千円札、一万円札などの金額の大きいお札が発行されるようになりました。どちらも肖像は聖徳太子でしたが、B千円券はニセサツが出回ったため、伊藤博文のC千円券が発行されました。
一時期は、千円札、五千円札、一万円札の肖像がすべて聖徳太子となり、お札の代名詞となりました。
聖徳太子イラスト

昭和59年(1984)

偽造(ぎぞう)防止技術を多く取り入れたD券
カラーコピー機やスキャナーが登場し、ニセサツ作りに悪用されるおそれが出てきたため、偽造防止技術をたくさん使ったD券が発行されました。目の不自由な人のために、すかしの「識別マーク」ができました。
自動販売機やATMにお札を通すようになったので、この時たての長さが76㎜にはじめて統一されました!

お札の歴史の部屋に戻る

部屋に入って国立印刷局について、どんどん学ぼう!