日本のお札の部屋 お札マニア

日本のお札の雑学

お札の大きさは?

各種お札の大きさの図
今のお札は、たての長さはすべて76mmこれは自動販売機やATMなどの機械に通しやすくするためです。よこの長さは、少しずつ違います。
お札のサイズ(たて×よこ、単位:mm)一万円札:76×160 五千円札:76×156 二千円札:76×154 千円札:76×150

お札の記番号ってなに?

お札の表の左上と右下にあるアルファベットと数字の組み合わせを、「記番号」といいます。お札には、ぜんぶ違う記番号が印刷されています。
記番号見本

おおとり丸の一言 I(アイ)とO(オー)は数字の1と0に間違えやすいので使われていません。数字は「000001」から「900000」までを使い、組み合わせはなんと129億6千万とおりにもなります!

お札のハンコはだれのもの?

お札のハンコは、「印章(いんしょう)」といって、お札を発行している日本銀行のものです。おもては「総裁之印(そうさいのいん)」、うらは「発券局長(はっけんきょくちょう)」と書いてあります。
おもて 総裁之印
うら 発券局長

お札が破れてしまったら?

破れたり、燃えてしまったお札は、日本銀行などに持っていけば、交換してもらえます。
お札全体の3分の2以上残っているとき 全額交換できます
お札全体の5分の2以上3分の2未満 半額を交換
お札全体の5分の2未満 交換できません

お札に寿命(じゅみょう)ってあるの?

お札の寿命は、一万円札で4~5年、よく使われる千円札や五千円札で1~2年くらいと言われています。お札はみんなで使うものだから、大切にしましょう!

お札の流れ
お札の流れ図解

お札が日本銀行に戻ってきたら、機械でチェック!汚れたり破れたりして、使えなくなったものは、処分されます。

日本のお札の部屋に戻る

部屋に入って国立印刷局について、どんどん学ぼう!