博物館に関するよくあるご質問

博物館に寄せられるよくあるご質問について、まとめています。

博物館に関するよくあるご質問

切手は売っていますか?

博物館では、切手の販売は行っていません。

古いお札や切手、外国のお札の価値を知りたいのですが。

博物館では、古いお札等の鑑定は行っていません。お近くの貨幣商にお尋ねください。

コインは展示していないのですか?

博物館を運営している独立行政法人国立印刷局は、お札や切手を製造していますが、コインは製造していません。よって、コインの展示は行っていません。

コインの展示を行っている博物館は下記2か所になります。

  • 日本銀行金融研究所 貨幣博物館
  • 造幣博物館(大阪)/造幣さいたま博物館

館内で写真撮影をすることはできますか?

お札と切手の博物館は、平成29年12月19日(火)より、館内の撮影を可能としました。

  
  • 個人の私的利用に限り、静止画のみ撮影が可能です。なお、一部撮影禁止の場所がありますので、
      その指示に従ってください。
  • 撮影の際は、他の権利者の権利を侵害しないよう、また他のお客様のご迷惑とならないよう、
      ご配慮をお願いいたします。
  • 自撮り棒、一脚、三脚等の機材を使用する撮影や、フラッシュ、著しい接写、動画、音声録音は禁止しています。
  • 出版、研究、番組のための撮影については、別途申請が必要となります。
  • 写真撮影の詳細につきましては、下記ガイドラインをご確認ください。


    お札と切手の博物館 館内撮影ガイドライン

    • 個人の私的利用を目的とする静止画については、一部を除き撮影を可能とします。
    • 撮影不可の場所については、下記のマークを掲示します。

    • 以下の事項については禁止とします。
         1.自撮り棒、一脚、三脚等の撮影器材の使用
         2. フラッシュ撮影
         3. 著しい近接撮影
         4.動画撮影
         5.音声録音
         6.他の来館者の迷惑となる場合
         7.他の権利者の権利を侵害する場合

    • 出版、研究、番組等のための撮影については、別途申請してください。

     上記ガイドラインの項目や当館の指示に従わず、何らかのトラブルが発生した場合、
     当館はその責を一切負いません。
     当ガイドラインは、予告なく変更される可能性がありますのでご了承ください。

      お札と切手の博物館へのお問い合わせは[TEL.03-5390-5194][FAX.03-3911-8905]

    お札に関するよくあるご質問ページへ外部リンク