フランス革命時のお札 アッシニャ紙幣 15ソル

各収蔵品の解説をご紹介します。

フランス革命時のお札 アッシニャ紙幣 15ソル

アッシニャ紙幣

 アッシニャ紙幣は、フランス革命時に革命政府が発行したお札です。1789年、国有化した教会の土地を担保に発行が始まり、大量印刷を可能にするため、活字などを組んだ版面全体を複製する鉛版(えんばん:ステレオタイプ)という技術で印刷されています。アッシニャ紙幣を使うことは革命を支持することでしたが、極度のインフレから紙切れ同然となり、革命末期の1796年に廃止されました。
 券種はいろいろありますが、この15ソルのような低額券は、名刺ほどの大きさです。エンボスが2つ押されています。中央下部には、「自由」を表す寓意像や、「人権」(Droits de l’homme)という文字、枠模様の中には、発行年が「共和暦2年」と描かれています。  

発行 1793年
製造地 フランス
技法 鉛版印刷(凸版印刷)
サイズ H81×W87mm

収蔵品ギャラリー一覧ページへ