不発行切手の解説

各収蔵品の解説をご紹介します。

皇太子結婚式記念切手 3銭

皇太子結婚式記念切手のイメージ

大正12(1923)年11月に予定されていた皇太子(後の昭和天皇)の婚儀を記念する切手です。
切手用紙には、皇太子特有の色とされる「黄丹」に着色した特別紙が使われ、印刷には、それまでにない凸版と凹版のコンビネーション印刷が使われるなど、豪華な仕様となっています。
ところが、9月1日におこった関東大震災により、この切手の原版、完成品はともに焼失してしまいました。切手の発行はもちろん中止、婚儀も延期されました。

その後、切手の一部が、日本が委任統治していた南洋庁(パラオ諸島)へ向けて事前に発送されていたことが判明し、切手は日本へ返送され、翌年1月の婚儀の際に無事献上されたということです。
日本で唯一発行されなかったこの記念切手は、約1000組だけ残存し、今に伝わっています。

発行 (不発行)
技法 凸版・凹版コンビネーション印刷
サイズ H30×W27mm

収蔵品ギャラリー一覧ページへ