切手の版面を流用した「お札」 切手紙幣 10カペイカの解説

各収蔵品の解説をご紹介します。

切手の版面を流用した「お札」 切手紙幣 10カペイカ

切手の版面を流用した「お札」 切手紙幣 10カペイカのイメージ

 1915年、ロシアで発行されたお札です。1913年に発行されたロマノフ王朝100周年記念切手の版面を流用したため、見た目には切手と同じです。第一次世界大戦下で金属が不足したため、コインの代わりとして使われました。
 先に発行された切手とは異なり、用紙は厚紙で、のりはなく、裏面に「補助貨幣と同じく流通する」という趣旨が印刷されていますが、間違って切手として使う人も多かったそうです。
 

発行年 1915年
技法 凸版印刷
サイズ H30×W24㎜

収蔵品ギャラリー一覧ページへ