重要文化財 スタンホープ印刷機の解説

各収蔵品の解説をご紹介します。

スタンホープ印刷機 重要文化財

重要文化財 スタンホープ印刷機のイメージ

江戸時代末期の1850年、長崎のオランダ商館長から将軍徳川家慶に贈呈され、蕃書調所(ばんしょしらべしょ)で洋書の印刷に使用されたと伝えられています。
近代印刷技術の伝来を象徴する遺物です。
平圧式、総鉄製です。
活版印刷に使用され、1時間に200~300枚の印刷が可能でした。
同型の印刷機は、イギリスのロンドン・タイムズで新聞の印刷にも使用されました。

製造年 1800年代
製造地 オランダ
サイズ 最大値H1470×W1100×D1680㎜

収蔵品ギャラリー一覧ページへ