平成21年度 春のミニ展
日本近代紙幣の父 キヨッソーネ作品展

開催期間 : 平成21年4月28日(火) ~5月6日(水)

開館時間 : 9時30分~16時30分

休 館 日  : 本ミニ展の開催期間中は、休館日なし

 ※5月7日(木)が休館となります。

 

ANGIOLO II

 明治8年にお札の製造技術を教えるために、お雇い外国人として来日したのがキヨッソーネです。キヨッソーネは海外の進んだ技術を印刷局の職員に伝授し、その功績から「日本近代紙幣の父」と呼ばれるようになりました。お札の原版彫刻には、現在もなお、キヨッソーネが伝授した西洋銅版画の流れをくむ技法が連綿と受け継がれています。

 このたびキヨッソーネが彫刻した銅版画を展示いたします。国内でも数少ない美術版画作品です。この機会にわが国近代紙幣の肖像彫刻のルーツたる技法をぜひご覧ください。

《凹版印刷体験コーナー》

 お札の印刷にも使われている印刷方式凹版印刷の体験ができます。インキが盛り上がって印刷されるので、ザラザラした手触りが特徴。印刷する図柄もいろいろあります。

開催期間 : 春のミニ展開催中

受付時間 : 10時~15時30分

※印刷準備から乾燥できあがりまで、一人あたり20分程度かかります。

※混雑時には、早めに受付を締め切らせていただくことがあります。