平成25年度 夏のイベント
「お札の紙」で紙を知ろう!

           〈同時開催 手すき体験〉

 

チラシPDF

 

開 催 日

平成25年7月9日(火)〜9月1日(日)

開催時間

9:30〜17:00

休 館 日

月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

開催場所

お札と切手の博物館 2階展示室

入 場 料

無 料

手すき体験

無 料

   

日本のお札をつくっている国立印刷局は、お札の紙もつくっています。

あの独特の手触りがする紙は、伝統的な日本の「和紙」と、西洋伝来の製法でつくる「洋紙」を融合したもので、精巧な「すかし」が入るのも特徴です。

お札の紙を知れば、和紙も洋紙もすかしのこともわかる!

さらに、手すき体験ではが きをつくって、今年の自由研究はばっちり !!

 

※例年の夏の展示会に比べ、展示規模は小さくなっています。

※夏のイベント開催中は、常設展示のうち「旅券・官報・諸証券」 及び「お札の芸術」の展示を休止いたします。

独特なお札の紙

▲ 独特なお札の紙 

   

◆手すき体験とは

「すきげた」という道具を使って「紙のもと」をすくい、「すかし」が入ったはがきをつくります。

紙づくりとすかしの原理が体験で学べます。切手を貼れば、はがきは使えます。

受付時間 9:30〜12:00、13:00〜16:30

※混雑時には、早めに受付を締め切らせていただくことがあります。

▲ 和紙と洋紙の手すき工程

   

手すき体験

▲ 手すき体験

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。