特別展示

明治150年関連施策特別展(平成29年度 第2回特別展)
日本近代紙幣の礎となった男たち
-明治150年 印刷局はじまりの物語-

展示『日本近代紙幣の礎となった男たち-明治150年 印刷局はじまりの物語-』

日本初の完全国産化紙幣
国立銀行紙幣(新券)1円



現在の日記帳のルーツ『当用日記』



 国立印刷局は、明治4(1871)年の創設以来、日本の紙幣製造に携わってきました。明治10年には、西欧の先進技術を習得して近代国家にふさわしい紙幣の完全国産化を実現し、日本の紙幣製造元としての第一歩を踏み出しました。この技術が現在の日本銀行券の製造技術の基盤となっています。

 このように印刷局において、創業期にあたる明治時代は重要な時代です。特に明治時代初期から中期にかけては経営基盤を確実なものとするために本業の技術を生かして様々な製品を製造、販売することが行われており、他の時代とは一線を画しています。

 本展では、キーパーソンとなった人物の事績をご紹介しながら、当時の印刷局の事業について解説します。

ちらしPDF


特別展示 開催日 平成29年12月19日(火)~平成30年3月4日(日)
特別展示 開催時間 9:30~17:00
休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始、1月14日(日)、2月11日(日)
開催場所 お札と切手の博物館 2階展示室
入場料 無料

関連イベント 凹版印刷体験 無料


 明治時代から今も変わらずに使われているお札の印刷方式「凹版印刷」を体験できます。完成した凹版印刷物は、記念にお持ち帰りいただけます。

 印刷するのは、来年のカレンダー(前半期)です。手作りのカレンダーが明治150年(平成30年)の毎日を彩ってくれます。



                凹版印刷物(サンプル)


凹版印刷体験
イベント開催日
平成29年12月22日(金)~平成30年3月4日(日)の間の金・土・日・祝日
(年末年始、1月14日、2月11日を除く)
凹版印刷体験
イベント開催時間
金曜日:13:30~15:30、土・日曜・祝日:10:00~12:30、13:30~15:20
※体験所要時間は約20分
※混雑具合によって、受付を早めに締め切らせていただく場合があります。
休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始、1月14日(日)、2月11日(日)
開催場所 お札と切手の博物館 2階展示室
対象 小学生以上
費用 無料

【その他 関連イベント】
●来館記念スタンプコーナー
 専用台紙にお好きなスタンプを押して、グリーティングカードを完成させましょう。
 ご来館の記念にどうぞ。
 ※開催期間、時間は特別展示に準じます。

●来館記念撮影コーナー
 明治時代をイメージした背景のフォトコーナーで、記念撮影ができます。
 ご来館の記念に撮影してはいかがでしょうか。
 ※開催期間、時間は特別展示に準じます。

●展示ガイド
 学芸員が特別展のガイドをします。
 開催日 1月26日(金)、2月23日(金)




PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。