国立印刷局環境方針

国立印刷局では、環境と調和の取れた事業活動を行うため、環境マネジメントシステムを構築・運用しています。

基本理念

独立行政法人国立印刷局は、日本銀行券、旅券、官報等の製造事業を営む公的な事業体として、全ての段階において環境と調和のとれた事業活動を行う。

環境理念

環境行動指針

この基本理念を実現するため、環境マネジメントシステムを構築・運用し、次の事項を重点的に実施する。

環境法規制の遵守

環境関連法規制及びその他の環境に関する通達、地域との協定等を遵守していく。

温室効果ガス排出量の削減

事業活動に関わるエネルギー消費を抑制し、温室効果ガス排出量を削減することにより、環境負荷の低減を図る。

資源使用量の抑制及び廃棄物の削減

事業活動に伴う資源使用量の抑制に取り組むとともに、廃棄物を資源として有効活用するなど廃棄物削減を推進し、環境負荷の低減を図る。

環境負荷を配慮した製品設計・製造

製品開発、設計、製造から廃棄段階までの環境負荷に配慮した製品設計・製造に努める。

環境保全に関する啓発活動の推進

職員の自主的な環境保全活動を推進するために、環境教育を通じての啓発活動を積極的に実施し、環境に対する意識の向上を図る。

関連コンテンツ

お札について

お札(日本銀行券)を安心して使っていただくため、お札に関する必要な情報を提供しています。

官報のご案内

官報は、法令やその規定に基づく各種公告等を掲載し、重要な役割を果たしています。