理事長ごあいさつ

国立印刷局のトップメッセージをお伝えします。

ごあいさつ

理事長

国立印刷局は、決済システムの中で重要な役割を果たす日本銀行券、法令等の政府情報の公式的伝達手段である官報等、極めて公共性の高い製品を独占的に製造する役割を担っております。これらの製品は、国民経済の基本的インフラストラクチャー(金融基盤、法秩序基盤等)の不可欠な構成要素と言えます。

前身である大蔵省紙幣司が明治4年(1871年)に設立されて以降140年余にわたり、国立印刷局は、その時代、時代の社会的・経済的要請に適合した高品質のこれら製品を安定的に供給することを通じて、国民の皆様の信頼を得るべく、努力を重ねて参りました。

明治初期の草創期の課題は、言うまでもなく欧米列強の印刷・製紙技術に早急にキャッチアップすることでありました。

印刷の面ではドイツ、イタリア、米国等の先端技術を外国人技術者の雇用、外国政府印刷機関への職員派遣等を通じて積極的に導入するとともに、製紙の分野では我が国古来の和紙の原料である「みつまた」を主原料とした強度の高い紙幣用紙を独自に開発するに至りました。その結果、明治20年代初めまでには、当時の最高技術を駆使した銀行券を製造できるまでの水準に達することができました。

また、第2次世界大戦からの復興期及びその後の高度経済成長期には、我が国の経済拡大に伴う旺盛な銀行券需要に対応して生産量を増大させるとともに、現在に至るまで研究開発力の高度化を図り、常に偽造抑止力が世界的にも最高レベルの日本銀行券を世に送り出して参りました。

国立印刷局のシンボルである鳳凰像

現時点で、我が国における偽造銀行券の発見割合は、主要国・地域の中で群を抜いて低いものとなっており、日本銀行券は日本経済の健康な「血流」をその根底で支えております。これには三つの理由があると考えられます。

第一は、日本銀行券には、国立印刷局で日本銀行券にのみ使用することを前提に独自に開発された高度な偽造防止技術が搭載されていることです。偽造を防止するための技術は、それが汎用的なものであり、多くの対象に搭載されればされるほど、その偽造抑止力は低下するという性質があります。その点、日本銀行券に採用されている偽造防止技術は、その独自性及び排他性という点で、他国には類を見ないものとなっております。

第二は、製造・発行される日本銀行券が、高い均質性を保持しているということです。人間が製造する限りにおいて、それが何であれ誤差が生じることは避けることができないということもまた事実ですが、個々の銀行券のばらつきがある程度大きくなると、社会全体としての偽造券排除力が弱くなってしまうという問題が生じてしまいます。偽造券が一般の使用者の手元に流通してきても、真正券のばらつきの範囲内ではないかと誤認してしまう可能性が高くなるからです。この点においても、国立印刷局の品質管理は世界の最高水準となっています。

第三は、日本銀行券の流通環境です。我が国は、銀行券の機械処理が最も進化している国の一つであり、恐らく日本銀行券は、ATMや自動販売機を始めとする各種自動現金処理機の中を世界で最も頻繁に通過する銀行券です。これら機械には、精度の差こそありますが、偽造券を排除する機能が備えられており、ここを通るたびに真偽判別が行われているということです。加えて、知的水準が高く、繊細な文化に育まれた日本国民の間を流通しているということも指摘しない訳にはいきません。鋭敏な日本人の感覚は、偽造券を素早く察知し、これを排除します。

これら三つの要素が互いに関連し合い、日本銀行券は国民の皆様にストレスなくご使用いただけているのです。今後とも、我が国の銀行券流通環境に合致した質の高い日本銀行券の開発・製造に注力して参ります。

官報については、明治16年に第一号を創刊し、以来今日に至るまで弛むことなく法律、政令等の公布等、我が国の法秩序の基盤を支える機能を的確に果たしてきました。

また、経済・社会のIT化に対応し、利用者の利便性を向上させるとの観点から、平成11年11月からは官報情報のインターネットでの提供を開始するとともに、平成13年9月からはインターネットで官報情報検索サービス(有料)の提供を開始し、現在多くの国民の皆様にご利用いただいております。今後とも内閣府等政府の関係部局と連携・協力しつつ、その充実に努めて参ります。

日本銀行券、官報、あるいは他の国立印刷局が製造する製品は、国民生活に無くてはならない基本的インフラストラクチャーの重要な構成要素です。この基本的インフラストラクチャーがより的確かつ円滑に機能するためには、まずは私ども国立印刷局が、高度な技術を駆使し、品質が高く、また正確な製品を製造・供給することが必要条件であることはもちろんですが、これに加え、広く国民の皆様に国立印刷局の製品や組織をご理解いただき、利用者の信頼を勝ち得ることにより、この基本的インフラストラクチャー自身の信頼性の向上に資することが重要であると深く認識しております。私どもが国民の皆様から信任されてこそ、社会全体の高度な偽造券排除能力や法的安定性が維持されるからです。

国立印刷局は、こうした両面の努力を鋭意行い、与えられた使命を的確に果たすことにより、日本経済の更なる発展に貢献していく所存です。

今後とも、国民の皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

独立行政法人国立印刷局 理事長
氏兼 裕之

関連コンテンツ

お札について

お札(日本銀行券)を安心して使っていただくため、お札に関する必要な情報を提供しています。

官報のご案内

官報は、法令やその規定に基づく各種公告等を掲載し、重要な役割を果たしています。