経営理念

国立印刷局の経営理念をご紹介します。

経営理念

日本銀行券、官報などの「ものづくり」を通じ、社会の安定と国民経済の発展に貢献します。

 国立印刷局は、決済システムの中で重要な役割を果たしている日本銀行券をはじめ、法令等の政府情報の公的な伝達手段である官報、旅券、郵便切手、証券類など、国民生活に密着した公共性の高い製品を製造しています。

 独自の研究開発により築き上げてきた高度な偽造防止技術と、効率的かつ徹底した製造管理体制によって、製品を安定的かつ確実に供給するという使命を果たすとともに、社会の信頼に応える努力を続け、国民経済の更なる発展に貢献します。

行動指針

 私たち国立印刷局の役職員は、国立印刷局の業務が社会に及ぼす影響を鑑み、国民の皆様から信頼される製品づくりと組織づくりを推進するため、一人ひとりが以下の行動指針を常に念頭に置いて業務を遂行します。

関連コンテンツ

お札について

お札(日本銀行券)を安心して使っていただくため、お札に関する必要な情報を提供しています。

官報のご案内

官報は、法令やその規定に基づく各種公告等を掲載し、重要な役割を果たしています。