ライセンス技術

国立印刷局がご提供できるライセンス技術についてご紹介します。

ライセンス技術の紹介

目で識別できる偽造防止技術

印刷物を見るだけで審議判別できる技術です。例えば、光に透かす、傾けて見ることによって、何も道具を使わずにそれが本物であるか偽物であるかを判断することができます。

MetallicView(メタリックビュー)

印刷物を傾けることで、見る角度により、光沢を持った複数の模様が出現する技術です。

合成模様印刷物

基材を所定の位置で折り返し、模様と模様を重ね合わせることで別の画像が出現する技術です。

立体視画像印刷物

印刷基材に画像を形成し、両眼視差により画像を立体的に見せる技術です。

透過潜像

印刷物から見えるものが、透かしてみると異なるものに見せる技術です。

道具で識別できる偽造防止技術

何らかの道具を使うことによってのみ、印刷物を審議判別できる技術です。例えば、ルーペで模様を拡大して見る。また、特殊なシートを重ねて見る。さらには、特殊なカメラで撮影するなど様々な方法があります。

ImageSwitch(イメージスイッチ)

赤外線を照射すると、それまで見えていた画像とは別の画像に入れ替わる(スイッチする)技術です。

その他

AquaProtect(アクアプロテクト)

印刷物の情報に一部変更をしようとしたときに、その部分が変色して改ざん跡が露出する技術です。

※当ページ掲載の特許抄録は、日本パテントデータサービス株式会社のNewCSSから出力しています。
※MetallicView (メタリックビュー)、ImageSwitch(イメージスイッチ)及びAquaProtect(アクアプロテクト)は、国立印刷局の登録商標です。

参考

国立印刷局における実施許諾(ライセンス)契約に至るまでの手順です。

国立印刷局における実施許諾(ライセンス)契約に至るまでの手順 お問合せ 面談(必要に応じて) 許諾申請書のご提出 国立印刷局内の審査 商談 ご契約

気になる技術がありましたら、下記のお問合せ先にお電話ください。

お問合せ 開発部 知的財産管理グループ:03-3587-4332

関連コンテンツ

お札について

お札(日本銀行券)を安心して使っていただくため、お札に関する必要な情報を提供しています。

官報のご案内

官報は、法令やその規定に基づく各種公告等を掲載し、重要な役割を果たしています。