特別展示

令和2年度 第1回特別展
「世界のお札を比べてみれば」

展示概要

 世界の国や地域で発行されたお札には、実に様々なものがあります。本展示では、世界のお札を大きさや額面(金額)、素材などの観点からそれぞれの特長をご紹介します。
日本のお札と世界のお札とはどこが違ってどこが同じなのか見つけてみましょう。

展示内容

 1 大きさ・額面で比べる
         世界のお札のサイズに焦点を当てると、いくつかの傾向が見えてきます。日本のお札はどのタイプに
      属するのか、それにはどのような背景があるのかについてご紹介しています。
         また、過去に発行されたお札で大きさに特徴のあるものも展示します。

 2 種類で比べる
         ここでは、お札を額面別や発行元別によって分類し、日本のお札と世界のお札の特長を明らかにしま
      す。

 3 素材で比べる
         お札の紙の原料には、日常生活で使っていても破れたりしないように丈夫で偽造しにくいものが使われ
      ています。日本のお札の紙は、世界的にみても独特な原料を使っています。一方、世界では、紙以外の原
      料を使ったお札を発行する国が増えてきています。ここでは、それぞれの特長と採用背景をご紹介します。

 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、同時開催を予定しておりました体験イベント「手すきは
      がき体験」については中止とさせていただきました。



開催日 令和2年8月4日(火)~ 令和2年8月23日(日)
開催時間 9:30~17:00

休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)
開催場所 お札と切手の博物館 2階展示室
入場料 無料

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。